美容

忙しい育児 子供と遊びながらダイエット

こんにちは。

“仕事に恋愛に趣味に忙しいわがままな女の子の味方!”

WAKARU編集の嫌われまいこです。

妊娠を機に太った、過去最高の体重。これを戻せるか不安。

などよく聞きます。そして、実際に元に戻る人もいれば戻らない人も・・・。出産後って体力もない、わざわざダイエットのために時間を取れない、家にいる時間が長くてつい間食をしてしまう、子供の食べ残しなど食べてしまう。などついつい太る要素が多いく悩む女性は少なくないです。

今回は、悩みが多い産後ダイエットについて紹介します!

産後いつからダイエットしていいの?

産後すぐにダイエットをするのは危険です。まずは出産で受けたダメージを回復させることに専念しましょう。

 

ダイエットを始めるなら、産後1カ月ごろから!帝王切開で出産したママは産後2カ月くらい!1カ月健診で、赤ちゃんの様子だけでなく自分のことも見てもらいお医者さんに聞いてみてください。軽い運動程度ならして問題ないか。

ちなみに、産後1カ月から6カ月頃までがダイエットに一番効果的だそうです。妊娠で体についた脂肪は「流動性脂肪」と呼ばれ、燃焼しやすい脂肪です。しかし6カ月を過ぎると、通常の脂肪になってしまうので、この時期にダイエットをしておくとよいでしょう。

悪いことだけじゃない産後

先どの通り妊娠で体についた脂肪は「流動性脂肪」という燃焼しやすい脂肪なため落ちやすい脂肪だということ。

また、赤ちゃんに母乳をあげるだけで、1日に約500キロカロリーほど消費するそうです!完全母乳で育児をしているママは、特別にダイエットを意識していなくても自然と痩せていった、ということが多いようです。

 

気をつけなければいけないこと

母乳で赤ちゃんを育てている場合にカロリーを制限するダイエットを行うのは危険です。赤ちゃんは、お母さんの摂った食事の栄養で育つのでその時に欠食をすると、お母さんから十分な栄養を貰えないため赤ちゃんの成長に関わってきてしまいます。

食事は、野菜をたくさん使った和食レシピを中心に自炊を心がけましょう。低カロリーで栄養バランスもよくなるため、ダイエットだけではなく、よい母乳を作ることにもつながります。

 

家でできるエクササイズ

抱っこしたままのダイエットで赤ちゃんと一緒に楽しくダイエットしましょう。

【たくさん抱っこしてあげる】

単純ですが、長時間抱っこするだけでかなり疲れるかと思います。赤ちゃんが大きくなればなるほどきつくなってきます。

ずーーっと泣く赤ちゃんを抱っこであやすのは精神的にも少しきつくなることもありますが、これもダイエットのためと思うともう少しだけ長く抱っこしてあげられる気がしませんか?抱っこは赤ちゃんにとっても愛情を沢山感じることができるのでたくさんしてあげましょう。

 

【かかとの上げ下げ】

かかとをあげた状態を5秒キープ。ゆっくりとしたペースで行います。ボール1つぶんくらいかかとをあげ、ふくらはぎの筋肉を鍛えます。血行をよくする効果もあります。

 

【スクワット】

脚を肩幅に開き、軽く膝を曲げて5秒キープ。赤ちゃんの重みが負荷になり、下半身の引き締めが期待できます。

スクワットのポイント
  • お尻を出す
  • 膝がつま先から出ない
  • 姿勢を真っ直ぐに

↓↓↓

動画で見る

 

【子供を乗せながらヒップリフト】

ヨガマットやタオルを下に敷いてやってみてください。

仰向けになり、お腹に子供を座らせお尻をあげます。主に体幹を鍛える人気のトレーングです。

ヒップリフトのフォーム
  • 床に仰向けで寝る
  • 足を90度に曲げる
  • 手は30度くらいにひらく。子供を支えてあげる。
  • お尻を上に上げる
  • お腹と足の膝が直線になるまでお尻を上げたら一時停止
  • ゆっくりとお尻を下げる

↓↓↓

動画で見る

 

【バランスボール】

赤ちゃんを抱っこしてバランスボールの上に乗ります。少しづつ前後左右に動く。上下にも揺れる。これは寝かしつけにも効果的だそうです。赤ちゃんもお母さんも嬉しいダイエット方法です。

↓↓↓

バランスボールを購入する

 

バランスボールに似た商品で、クラゲのような形とポップなカラーのおしゃれなイスのジェリーフィッシュチェアーというものもあります。「フィットネスとデザインを融合できないか」というコンセプトで部屋においておいてもインテリアとしておしゃれに運動できます。

↓↓↓

ジェリーフィッシュチェアーを購入する

 

【飛行機のポーズ】

お母さんの足の上で赤ちゃんをうつ伏せにし、飛行機のようなポーズにさせます。この状態で上半身を上げることで上の方の腹筋を鍛えることができます。逆に赤ちゃんを乗せた足を床と平行にするように下ろすと下の方の腹筋を鍛えることができます。床に近ければ近いほど腹筋に効きますが、赤ちゃんも上で動くので落ちないように腕を掴んでバランスを取れるようにしてあげましょう。

さいごに

出産を終えこれまでの自分と生活リズムも体も違い、赤ちゃんのことも見なければいけなく焦ることもあるでしょう。産前に戻りたい、ダイエットしたいという気持ちは素敵ですが、一番大事なのは赤ちゃんと自分の体です。続けることも大事ですが、ストイックになりすぎずに赤ちゃんと一緒に楽しむ気持ちでやってみてください!家事ダイエットもそうですが、ちょっとした事を工夫するだけでも、ダイエットにつながります。

育児も家事も毎日必ずやることだからこそ少しだけ意識を変えて楽しく続けられれば、きっと結果がついてくることでしょう。

産後ダイエットに大切なこと
  • 赤ちゃんと自分の体を優先させる
  • ストレスを溜めないで楽しむ
  • 意識を変えてみる

イラスト:すずはらだ

関連記事

  1. 最近読んだ本とお気に入りの曲📚♪
  2. 「ヒルナンデス」効果で話題沸騰中!! 100均の「ヘアドライ手袋…
  3. クイーンズヘナが選ばれる理由。配合成分に問題はないのか調べてみた…
  4. 女性が身体を冷やしてはいけないのはなぜ?
  5. 新発売 RMK CCジェルクイックグローを試してみた
  6. マルコの補正下着を体験!(初回)がっかりおっぱいとぽっこりお腹と…
  7. 今流行ってるノンワイヤーブラって実際どうなの?
  8. 荷物が多い女はブス!!コンパクトな化粧ポーチの中身!!!

ピックアップ記事

ARCHIVE

CATEGORY

💡注目💡

  1. 長男が口内ヘルペスにかかった話Vol.3

おすすめアーカイブ

  1. これが浪速イズム…違うのはスカート丈だけじゃない!関西人必見「浪速の高校生」あるある
  2. 出産準備・産後の育児!リアルに使える神アプリ
  3. アンビション・ルームピアで都内一人暮らし!初めてのお部屋探しをしてみた!
  4. 洗い物がするっと簡単!グラタン皿にチーズがこびりつかない裏ワザ!
PAGE TOP