育児

臍帯血とは?取れないこともある?基準に達せず採取・保管できなかった体験談!

こんにちは。あるある体験記編集のまるこです。

今回は、「さい帯血」について書きたいと思います。

 

「さい帯血」というのは、お母さんと赤ちゃんをつないでいる胎盤やへその緒に含まれる血液のことです。

「さい帯血」は出産時にしかとれません

 

「さい帯血」には、血液・血管・筋肉・神経などを作る『幹細胞』が豊富に含まれています。

白血病や再生不良性貧血などの血液疾患、治療法のない中枢神経系疾患、自己免疫疾患、自閉症などの

治療に役立つ可能性があると言われています。

 

万が一、子供が重い病気になったときに、「さい帯血」で治療できる可能性があるのです。

 

私は子供の将来のために、出産時に「さい帯血」をとろうと決めました。

しかし、残念ながら基準をクリアできず、「さい帯血」の保管ができませんでした。

 

 

「さい帯血」の採取もしくは保管ができないのは次のようなケースです。

 

  • さい帯血の量が基準値を満たない場合
  • さい帯血から採取した幹細胞の量が基準値を満たない場合
  • 出産時に赤ちゃんやお母さんへの緊急措置が必要となり、さい帯血採取より優先すべきことがある場合

 

私の場合、さい帯血は採取してもらったのですが、①の理由で保管ができませんでした。

病院から保管機関にさい帯血を送ってもらったところ、

保管期間から「さい帯血の量が足りないので保管できない」という回答がありました。

 

医師からは、「出産が吸引分娩になったこともあり、十分な量が取れなかった」という説明がありました。

なかなかの難産だったので、無事産まれただけで本当にお医者さんには感謝していますから、

特に不満はなく納得しています。

 

 

お医者さんが出産後すぐに「さい帯血」を採取してくれていたのは覚えていますし、

適切な処置をしてくれていたと思います。血が足りなかったのは私の問題だと思います。

改めてお医者さんにはお礼を言いました。

 

採取できなかったのは大変残念ではありましたが、

やらずに後悔するよりはよかったと思います。

 

「さい帯血」は子供の将来のためにやる人が増えているそうです。

20~30万円と高額ではありますが、

出産時しかチャンスがないので興味のある人は是非ご検討ください。

 

 

 

関連記事

  1. 保湿クリームで大失敗!赤ちゃんの肌が梅干しみたいに真っ赤に!
  2. 婚礼費用マジックに注意!ベールを外すだけで5,000円
  3. 告白のセリフが面白すぎ!絶対に失敗する告白・嬉しくない告白の体験…
  4. 新米ママさんに聞いた “旦那に言われてイラッとすること”
  5. 突然の発疹…!1歳息子に卵アレルギーが発覚。アレルギーとの付き合…
  6. 『“男運が悪い”なんて言葉使うな』と隣に座るおっちゃんに怒られた…
  7. 損するのが嫌!でもお金は好き!そんな女子必見の元本割れリスクを取…
  8. 見知らぬ人に『赤ちゃんが可哀想よ!』と叱られたときの対処法【後編…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ARCHIVE

CATEGORY

PAGE TOP