育児

子供を産んでも女としてみてほしい…!なんて言ってたのに…

こんにちは

 

WAKARU編集の池田です。

産前によく言っていたことがあります。

「子供を産んでも、夫にはちゃんと“女”として扱ってほしい」

 

 

 

 

どこかのアーティストが歌っていた

「いつかもし子供が生まれたら世界で二番目に好きだと話そう」

という歌詞に、学生時代からあこがれたものです。

 

 

夫とは付き合いが長く、もう10年以上一緒にいますが、
私たちなら大丈夫!となんとなく思っていました。

ところがどっこい現実はそう簡単にはいきません。

 

風呂あがりに
全裸で逃げ回る息子を追いかける全裸の嫁が目の前を横切り、
履き心地を重視したシームレスのパンツや
色気のないブラトップがひらひらとベランダに干される日々…。

 

 

 

色気なんてものは陣痛室に置いてきてしまった妻。
そんな私はもはや「“女性”ではなく“おかあさん”」なのです。

 

 

悪いのは自分。

 

それもわかっているのですが、家事育児に追われる毎日でやはりどうしても優先してしまう「楽さ」。

「わかる」と共感してくれる方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

 

イラスト:MAYOMI

関連記事

  1. 類は友を呼ぶ?変な男に好かれる女とは~おにぎり男~
  2. 田舎娘でもこれだけは無理!!家に出る害虫
  3. 子ども専用歯科クリニックと先輩ママに教えてもらった【0歳児の歯磨…
  4. 辛ラーメンに救われた!浪人時代のおもしろ節約術
  5. あかちゃんの「見る力」を育てる!手作りモビールの作り方
  6. 保湿クリームで大失敗!赤ちゃんの肌が梅干しみたいに真っ赤に!
  7. 立ち会い出産を嫌がる夫はまずコレを読め!体験談から分かるメリット…
  8. 告白のセリフが面白すぎ!絶対に失敗する告白・嬉しくない告白の体験…

ピックアップ記事

ARCHIVE

CATEGORY

💡注目💡

  1. かわいいサプライズ

おすすめアーカイブ

  1. アンビション・ルームピアで都内一人暮らし!初めてのお部屋探しをしてみた!
  2. 出産準備・産後の育児!リアルに使える神アプリ
  3. これが浪速イズム…違うのはスカート丈だけじゃない!関西人必見「浪速の高校生」あるある
  4. 洗い物がするっと簡単!グラタン皿にチーズがこびりつかない裏ワザ!
PAGE TOP