育児

子供を産んでも女としてみてほしい…!なんて言ってたのに…

こんにちは

 

WAKARU編集の池田です。

産前によく言っていたことがあります。

「子供を産んでも、夫にはちゃんと“女”として扱ってほしい」

 

 

 

 

どこかのアーティストが歌っていた

「いつかもし子供が生まれたら世界で二番目に好きだと話そう」

という歌詞に、学生時代からあこがれたものです。

 

 

夫とは付き合いが長く、もう10年以上一緒にいますが、
私たちなら大丈夫!となんとなく思っていました。

ところがどっこい現実はそう簡単にはいきません。

 

風呂あがりに
全裸で逃げ回る息子を追いかける全裸の嫁が目の前を横切り、
履き心地を重視したシームレスのパンツや
色気のないブラトップがひらひらとベランダに干される日々…。

 

 

 

色気なんてものは陣痛室に置いてきてしまった妻。
そんな私はもはや「“女性”ではなく“おかあさん”」なのです。

 

 

悪いのは自分。

 

それもわかっているのですが、家事育児に追われる毎日でやはりどうしても優先してしまう「楽さ」。

「わかる」と共感してくれる方も少なくないのではないでしょうか。

 

 

 

イラスト:MAYOMI

関連記事

  1. 好きなタイプの落とし穴!イルミネーションの悲劇!
  2. マルコの補正下着を体験!(初回)がっかりおっぱいとぽっこりお腹と…
  3. 核酸ドリンク 友人に勧められて「核酸ドリンク」飲んでみました!
  4. マルコの補正下着を体験!(5回目)いよいよ体験記はクライマックス…
  5. 保湿クリームで大失敗!赤ちゃんの肌が梅干しみたいに真っ赤に!
  6. 口コミは本当か?!イービーエムのスキンケアスタジオ「e.b.c.…
  7. 池袋の”無料”キッズスペース【ズリバイ・ハイハイ赤ちゃん向け】
  8. 突然の発疹…!1歳息子に卵アレルギーが発覚。アレルギーとの付き合…

ARCHIVE

CATEGORY

PAGE TOP